ボクツマ映画

究極のギャンブル映画、『カイジ』

私たちと連絡を取り、より多くの情報を入手してください

漫画

『カイジ』は1996年、日本の週刊ヤングマガジンで連載開始。

スピンオフ

2015年にはカイジのスピンオフであり萩原天晴によって書かれた『中間管理録トネガワ』が作られました。

実写映画

2009年に初めて『カイジ』が実写映画化されて以降も同名の作品が作られ、全部で3部作となっています。

カイジ:究極のギャンブラー

借金に苦しむ青年、伊藤開司の人生は借金が膨れ上がっていることを知った時から大きく変わります。唯一の解決法はある人物と賭けをして勝つか、借金が2倍になるかというもの。この大前提の上にストーリーは進み、カイジが勝つために使うさまざまなベットやハンドについて学ぶことができます。

私たちの乗組員

佐土原 颯太

ディレクター

乗松 真弓

ライター

高塚 丈夫

音楽家

『カイジ』は、幸せな人生を求めて悪戦苦闘する現代の世代を描いた最高の映画の1つです。

高頭 桐子

私たちのブログから

『カイジ 人生逆転ゲーム』(2009年)

カイを再訪

『カイジ 人生逆転ゲーム』は2009年に登場し、すぐに人気になりました。ギャンブルや金融に密接に関連するテーマで、観客は映画が終わる瞬間まで目を離す事ができませんでした。カジノ人気をもたらし、2011年11月5日にはカイジ2と呼ばれる続編がリリースされました。ここでは、2つの作品を比較してどちらの方が優れているかを議論するつもりはありません。オリジナルの作品を見て、そのあらすじを辿りながら懐かしく思い出してみたいと思います。まだ映画をご覧になっていない場合、ネタバレがありますのでご注意ください。すでにご覧になった方は、一緒に記憶をたどる旅へと出発しましょう。

ベラジョンカジノなどのオンラインカジノが好きな方はカイジのファンになること間違いなしです。

あらすじ

ストーリーは、様々な財政上の問題を経験してきたカイジという名の若者を中心に展開します。返済の不可能な莫大な借金を残して友人が消えた事で、事態はさらに悪化します。解決策を考える中で、カイジはクルーズ船に乗船してギャンブルゲームに参加するという提案を高利貸しから受けることになります。ゲームに勝利した場合は借金は帳消しにされるという条件です。目の前の問題があまりに大きいことから、カイジはその提案に同意し、最終的に勝利を収めるのでした。しかし再びトラブルが発生し、また高利貸しの手に落ちてしまう事となりました。そこで、超高層ビルの上での生死を賭けた挑戦に参加することにより、借金返済を試みます。カイジが勝つともう一度ゲームに参加するチャンスが与えられますが、失敗すると命を落とす事となるのです。

解説

カイジ

人々が経験する財政的負担は、貧しい人々と裕福な人々には異なる影響を与える傾向があります。裕福な人には大きく影響するものではありませんが、貧しい人にとっては過酷なものです。そうしてその過酷さは、カイジの中で見られるほどひどいものです。カイジの経済状況は貧困理論に沿うものであり、オッズに抗して勝利するにも関わらず、また困窮状態に追いやられてしまうのです。その闘いとなぜ貧しい人々がいつも財政難に陥るのかというその理由が、映画の中で詳しく描かれています。キャストの個性的なパフォーマンスにより、彼らの経験するトラウマを理解することができるのです。ゲームで生き残るためにさまざまなオッズと対峙し、自分の命さえ賭けるというのは大きな試練です。ストーリーの紆余曲折を目にすると、もう一度はじめから観たくなる映画と言えるでしょう。

お電話ください

+8184-864-7261

メールでお問い合わせ

info@bokutsuma-movie.com

私たちをご覧ください

ヤマグチケン, ウベシ, チュウオウチョウ, 421-1188

Scroll to top